皆さんはヒートショック現象という言葉を聞いたことがありますか?

 

ヒートショックは簡単に言うと温度差が激しい部屋を移動すると血圧の急変動を起こし、脳卒中や心筋梗塞などに繋がる現象のことを言います。

 

建築会社で断熱性能の必要性を話す際、一番よく出てくるキーワードの一つで、耳にしたことがある方もいるかもしれませんが、実際はどんなものなのか今回は解説していきたいと思います。

1.ヒートショックの仕組み

 

ヒートショックは、主に家の中の温度差によって起こる現象です。

真冬の室温は暖房をつけている暖かい部屋と暖房をつけていない浴室やトイレでは10°以上になることもあります。

 

暖かい部屋から寒い浴室に移動すると、体は急激な温度変化に適応するために体温を調整しようとブルブルと筋肉を震わせて熱を作ろうとします。

 

同時に血管を細くして、皮膚の下を流れる血流を減らし、体の熱を逃がさないように調節します。血管が縮むと血流が悪くなり、血圧は急上昇します。

次に、寒い浴室から暖かい浴槽につかることで、今度は逆に血管は膨張し、急上昇した血圧は急激に低下していきます。

その後も、浴槽を出た後や浴室を出た後に寒い脱衣室に移動したときなど、室温の変化とともに血圧も急変動を繰り返します。

 

この血圧の急変動のことをヒートショックと言い、

健康な若い人なら、血圧の急変動に耐えられるかもしれませんが、高血圧や糖尿病、脂質異常症など、血管に疾患がある高齢者では血圧の急上昇に耐えらず、心筋梗塞、不整脈、脳卒中、脳梗塞などに繋がってしまうかもしれません。

逆に血圧が下がることで、めまいやふらつきで転倒や浴槽での溺死に繋がったりの可能性もあります。

 

2.ヒートショックの危険性

ヒートショックは死亡の要因になる現象であって病気自体ではないので、正確なヒートショックによる死亡数は明らかになっていませんが、入浴中の死亡者数は年間1万9千人にも及びます。

 

また、ヒートショックは部屋間の温度差が大きい冬場に起こることが多いですが、入浴中の死亡事故数は夏場より冬場の方が5倍近く多いというデータもあるので、ヒートテックの影響があることがわかると思います。

 

この1万9千人という数字は、年間の交通事故の死亡者数がここ数年3千人前後なので、いかに多いのかが分かります。

 

3.まとめ

 

以上のことから、いかに家の断熱性能(主に部屋間の温度差を減らすか)が重要なのかがわかって頂けたかと思います。

 

実際に断熱性能を上げるための工夫は以前のブログ、

断熱性能の等級

断熱って壁だけだと思っていませんか?

断熱材の施工箇所

窓の断熱性能

で触れていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

それ以外にも、様々な工夫と、性能と見た目、どちらも両立させる工夫を弊社では実践しているので、ぜひお問合せからご相談下さい。