ここ数年、地球温暖化の影響なのか、40°を超える暑さの夏や寒暖差の激しい冬など年によって気温の変化が激しくなり、異常気象のニュースを見る機会も増えたかと思います。

 

そんな中、日本の住宅業界も断熱性を売りにしている会社も増えてきたかと思います。

 

それは断熱性能を求めるお施主様が増え、断熱性の高い家を買うお客様も増えたから、売る会社も増えてきたということでもあると思います。

 

ただ、建築士の立場から見て、いろんな広告やチラシで、「ウチは良い断熱材を使っています!」や「リフォームで断熱性能を上げましょう!」というのを見ると「本当なのかな~」と心配になることもしばしばあります。

 

専門家から見るとそういった広告は、

「それって本当に良い断熱材?」

「ちゃんと効果がある使い方してる?」

「不安商法使ってない?」

「オーバースペックを選んでない?」

と思ったりも。

 

せっかく家を建てたり、リフォームをするのに寒い家熱い家は嫌だ、と言う気持ちは当たり前です。

 

ただ、断熱に関しては聞き慣れない専門用語も多いし、見えない部分なため、判断しづらいもの。

 

今回はそんな断熱のことで、覚えておいた方がいいことを1つご紹介します。

断熱って壁だけだと思っていませんか?

 

意外に一般の方で知らないことが多いのが、断熱する場所の種類です。

 

古い家をリフォームするときに断熱施工するのが多いのが壁です。

当たり前ですが、壁が外と繋がっているから、断熱は壁にするものなんじゃないの?

 

それも正解ですが、断熱が必要なのは壁だけじゃありません。

 

正しい答えを言うと、

「外壁」

「屋根(天井)」

「床(基礎)」

+α「窓」

です。

 

要するに、建物が外に面している部分、外の空気に面している部分の全てを断熱することが正しい断熱です。

 

イメージ的には魔法瓶(お湯のポット)のように建物を包み込むことに意味があるのです。

 

これは建築士や工務店の人なら常識的に考えて、全てに断熱材を入れるのが当たり前ですが、悪徳な業者や知識不足な業者は「無くても問題ありません」と言うこともあるので要注意です。

 

しかし、無くても「違法」ではないのが難しいところです。

実は日本の法律(建築基準法)では、断熱も有無については義務付けられておらず、

今の法律では断熱材を使わなくても違法建築物にはならないのです。

 

でも、はっきり言って昔の家が寒いのは、壁・屋根・床下に断熱材が無いことや窓の断熱性能が悪いからで間違いないので、今から建てる家で断熱性能が悪いのはあり得ないくらい問題です。

 

今のところ法律では断熱材の施工は努力義務ですが2020年から義務化することになってしまいました。

しかし、法整備の遅れと、断熱の基準をつくると建物の金額が上がるため消費の落ち込みを懸念され先延ばしになってしまいました。

 

家のため、住む人のためには必要なのに、お金も絡んでくるので難しい話です。

まとめ

次回は、断熱施工の各部分の詳細な種類と断熱性能を上げるためのポイントをご紹介します。

 

少しでも知識を蓄え、より良い家づくりに繋がるように、役に立つ情報をどんどんご紹介していこうと思っています。