戸建ての住宅を考える際、一番多い選択肢は『木造住宅』だと思います。

日本では古くから木造の文化が主流で、日本の風土に合った建築手法だと言え、現在でも約9割の住宅が木造を採用しています。

 

今回はそんな木造住宅の特徴、メリット・デメリットについてまとめて解説していきたいと思います。

 

1.木造住宅の特徴

木造住宅の特徴は、基本的な部材(主に構造的な部分)土台・柱・梁・屋根が木でできているところです。

大工さんが手作業で木を切り出して、木を組み立てる、そんな工法です。

木造住宅と言うとザ・木の家とか木のぬくもりが~とイメージされる方も多いと思いますが、外壁材や内装材などの仕上げ材は木以外のものを使った作りも多く、ぱっと見では分かりづらいかもしれません。

木造の工法は大きく分けて「在来軸組工法」と「ツーバイフォー(2×4)工法」の2種類があります。

どちらの工法にも歴史とメリット・デメリットがあるので良し悪しですが、木造という大きなくくり言えば、同じような特徴があります。

「在来軸組工法」は日本に古くからある工法で、尺や寸など日本独自の寸法の基準を使って考えられえた造りで、日本人の体や使い勝手に特化したスケールの寸法を基準にした工法になります。

「ツーバイフォー(2×4)工法」は断面が2インチ×4インチの部材(木)を組み合わせて造る工法で、部材同士を組み合わせることで壁面や床面を造り、壁式構造などと言われたりもします。由来はアメリカから来ていて、インチと言う寸法の基準を使います。

工場生産などがしやすいことから、住宅メーカーや分譲住宅で多く採用されている工法です。

2.木造住宅のメリット

2.1 施工費用が安い

まず木造の一番大きなメリットは施工費用が安くすむことです。これはRC(鉄筋コンクリート)造や鉄骨造に比べてという見方で、単純に材料費が安いということと、加工のしやすさから作業難易度が低いためです。つまり作り手側も作りやすい!から安くなるといった具合になります。

 

2.2 設計の自由度が高い

次に他の工法と比べた時に大きなメリットになるのが、設計の自由度です。

RC造や鉄骨造の場合、構造に制約があったり、加工が難しく余計に予算がかかったりしますが、木造の場合は加工が簡単なので、好きな形にデザインできます。

もちろん、木造にも構造で守らないといけないルールはありますが、その制限が少ないと考えるのが正しいかもしれません。

 

2.3 吸湿性が良い

3つ目に、吸湿性(水分を含んだり、放出したりする能力)が良いことです。

木は、湿度が高いと水分を吸い、湿度が下がると乾燥するという特徴があります。つまり、調湿作用があるということです。住宅の場合大きいので、目では確認できないで すが、調湿性や通気性は快適指数にかかわるので、住み良い家には嬉しい効果です。

 

2.4 断熱性能が良い

サウナをイメージすると分かりやすいかもしれません。同じ室温の部屋でも鉄や石

を触ると火傷するぐらい熱くても、木の部分は触れるぐらいの熱さじゃないですか?

つまり木は熱を伝えづらい性質を持っているのです。夏は涼しく、冬は暖かいと言われる所以はここにあります。

3.木造住宅のデメリット

3.1 耐用年数が短い

建物の耐用年数は、主要構造部(柱や梁)の耐用年数に比例します。

国の定めた法定的な耐用年数は、木造22年、鉄骨34年、RC造47年と決まっています。もちろん実際に使える年数は木造だと築50年もあれば、RC造だとそれ以上もありますが、建物の老朽化が分かりやすいのが木造です。30年や40年経てば、リフォームが必要になってくるのは必然的です。

 

3.2 シロアリ対策が必要

木造特有のデメリットと言えば、シロアリ被害が怖いことです。

防蟻処理を5年おきに行うなど、定期的にメンテナンスをすれば問題ないですが、それを怠ると被害の可能性が出てきます。

シロアリは外的要因が多いので、周りの建物からくることもあり、防蟻処理以外で防ぐのは難しいです。

4.まとめ

今回は木造建築の特徴やメリット・デメリットをおさらいしましたが、建築は鉄骨やRC造など様々な工法があります。それぞれ良し悪しがあるので、自分の家づくりには何が一番合っているのか、自分が欲しい家はどんな家なのかによって、選ばないといけません。

住宅メーカーや工務店では、その会社が取り扱っている工法(積〇ハウスなら鉄骨、一〇工務店なら木造など)があり、その工法のメリットを説明することが多いです。逆に、設計事務所での家づくりでは、工法の制限はないので、すべての工法の特徴を説明した上で最適な工法を一緒に選ぶことになります。

現に弊社でも、木造の物件、RC造の物件、鉄骨造の物件が同時に進行していますので、どういったご相談でも受け付けています。

様々な可能性を一から一緒に考えてみませんか?

お問い合わせご連絡お待ちしています。