最近、リノベの相談や新築の新規相談者様の中に、「開放的な家にしたい」、「光がたくさん入る家にしたい」と希望されるお客様が多いように思います。

開放的な空間、光が入る明るい空間は、少し抽象的で現実的にどうしたらいいの?と思うかたも多いかもしれません。

多くの場合、一般的な建築会社からは、

・吹き抜けを作る

・窓を増やす

・天井高を上げる

・部屋の広さを広げる

などで開放的な空間を作ったしていると思います。

しかし、土地の形状や、予算の問題、構造上の問題である程度諦めなければいけない部分だったり、吹き抜けを作ったり、天井高を上げても開放的な空間と感じれないケースもあるので、安直な工夫では難しいところもあります。

せっかく予算をかけて「窓を大きくしたり、吹き抜けを作ったのに狭く感じる」なんてことは残念だと思います。

弊社Robecityでは、そういったご希望のお施主様に対して、色々な工夫を入れてお家のご提案をさせて頂いています。

開放的な空間にするためには、間取りや採光の取り方、収納の方法、視線の抜け方、色や素材感による感じ方など、家全体のトータルでコーディネートする必要があります。

それらのケースバイケースの工夫は、実際の経験やアイデアの蓄積、知っているか知っていないかの違いなどあるため、相談する相手によって全く違う提案になると思います。

もし、普通とは違った自分だけの開放的な空間をつくりたいと思っているなら、ぜひRobecityにご相談ください。

要望と条件を踏まえて、理想的なオンリーワンな空間をご提案させて頂きます。