土地探しをしている時、不動産屋さんから「間口はどれくらいがご希望ですか?」なんて聞かれたことはないでしょうか。

始めて土地を探す人にとっては「間口って言われても・・・」じゃないでしょうか。

今回はそんな「間口(まぐち)」をご紹介していきます。

そもそも間口とは

間口とは、簡単に言って「土地の正面の広さ」です。

正面の道路面から見た時の横幅のことです。

地方で土地を探す場合、間口がそれほど小さくないことが多いのであまり気にしなくていいですが、都市部や住宅密集地で土地を探す場合、間口が狭かったり、微妙なサイズ感の土地もあるので注意が必要です。

これは土地の性質が、昔はなんだったかに起因することが大きいので仕方のないことがほとんどです。

地方の造成された綺麗な形の土地は昔田んぼや畑だったところを埋め立ててあることが多く、元々1つの大きな土地を家が建てやすいように区分けしているので、綺麗な形であることが多いです。

逆に、都市部であればその土地が昔、長屋(商店街などにある長細い家)だったのか、駐車場だったのか、区分け整理されて相続の際に分筆された土地だったのか、などなど。以前の土地利用の仕方が様々です。

間口の影響

それでは、そんな間口が、家づくりにどんな関わりがあるのか。

その土地にどんな家を建てれるかなと考えた時に気になると思います。

間口が家づくりに及ぼす影響。

大きく分けて3つあります。

・間取り

・外観

・車の止め方

です。

間取りに関しては、住宅展示場などに行かれたことがある方はなんとなくイメージできるかもしれませんが、間口が広いと玄関の位置やLDKの配置、水回りの配置をする時に選択肢が広がります。

逆に間口が6mなど限られている場合はどうしても家全体が細くなってしますので、玄関やLDK、水回りの配置が固定されてしまいます。

外観に関しては、特に間口が狭い場合、正面から家をみる面が小さくなってしますので、外観が単純になってしまったり上に長細くなってしまったり、「カッコよくしたかったのに・・・」となることも。

車の止め方は想像がつくと思いますが、車の幅は1.7m前後が平均になっていて、乗り降りを考えると1台のスペースにワイド2.5mは欲しいところです。

間口が6mであれば2台止めると庭を作る余裕は無くなってしまうと思いますよね。

まとめ

このように、土地の間口の大きさは、その後の家づくりに大きな影響があります。

余程大きな土地でなんでも自由だと思える土地ならいいですが、

「立地はいいけど間口がな・・」

「どんな家を建てれるかイメージがつかない」

と思ったら、まずは弊社のような設計事務所に相談してみるのが安心です。

Robecityでも設計事務所の特性上、狭小地や変形地、高低差がある土地など様々な土地での設計をたくさんしてきたので、他にはない提案や見方ができるかもしれません。

以前、間取りprojectで取り上げた35坪間口6mでのプランを公開しましたので、

再度見てもらえると分かるかもしれません。

35坪の土地、プラン大公開

35坪の土地の家、外観&内装大公開

土地も建物もアイデア1つで大きく変わります。

せっかく家を建てるなら、ありきたりじゃなく、自分だけのオンリーワンを。

一緒につくって見ませんか。