家づくりを始めて、「どんな家にしよう」と思った時、家の性能面も重要な要素、選択肢になってくると思います。

そんな時、家の性能ってどんな基準があるの?と思う方も多いかもしれません。

そんな家の性能の中でもよく耳にする「長期優良住宅」について見ていきます。

「長期優良住宅」ってどんな家?

長期優良住宅は、長く安心・快適に暮らせる家として、平成21年からスタートした「長期優良住宅認定制度」の基準をクリアし、国の認定を受けた家です。

認定に必要な項目は、以下の9つです。

 

1.バリアフリー性

将来のバリアフリーリフォームに対応できるようになっていること

 

2.可変性

ライフスタイルの変化に応じて間取りの変更などが可能になっていること

 

3.耐震性

極めてまれに発生する地震に対して、継続して住むための改修の容易化を図るため、損傷レベルの低減を図ること(耐震等級2以上もしくは免震建築物など)

 

4.省エネルギー性

次世代省エネルギー基準に適合するために必要な断熱性能などを確保すること(省エネルギー対策等級4以上)

 

5.居住環境

良好な景観の形成や、地域における居住環境の維持・向上に配慮されていること

 

6.維持保全計画

定期的な点検、補修等に関する計画が策定されていること

 

7.維持管理・更新の容易性

構造躯体に比べて耐用年数が短い内装や設備について、維持管理を容易に行うために必要な措置が講じられていること

 

8.劣化対策

数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること(床下空間330mm以上確保、劣化対策等級3相当)

 

9.住戸面積

一戸建ては75m2以上、少なくとも一つのフロア面積が40m2以上あること

 

長々と項目の羅列になってしまいましたが、簡単にまとめると「長期的に住み良い環境を保持するための対策がしっかりされているか」ということです。

非常にクリアする必要がある項目が多いので、家の作り(構造)や断熱性能、内装の仕様など多くのことをグレードアップしなければなりません。

長期優良住宅の費用面

長期優良住宅を検討している方で一番気になるところが、費用面はどうなの?ということだと思います。

一般的なことを申し上げますと、長期優良住宅の認定基準を満たす家を建てるためには、普通に家を建てるより、1.2倍~1.3倍の費用がかかります。

費用UPの内容は、認定基準を満たすために、構造躯体のグレードアップ、断熱仕様のグレードアップ、内装仕様のグレードアップ、設備に関するグレードアップ、維持管理に関する仕様のグレードアップ、と建築費だけでも多くの項目をグレードアップする必要があります。

そして申請面でも、認定基準を証明しなくてはいけなくなるので、構造計算書を用いた構造計算、省エネルギー性・劣化対策等級の証明など、普通に家を建てる場合に必要がない申請をする必要があるので、事務的な作業量も増えるため、申請費だけでも2倍から3倍掛かります。

簡単に例えると、普通に建てると3000万円の家が3900万円掛かるかもしれないということです。

それでも、税制面のメリットや住宅ローンの優遇など、長期優良住宅の良い面もありますので、

どちらがお得なのかは細かく検討が必要なところです。

まとめ

昨今は、省エネ意識の向上や長期的なランニングコストを考えて家を建てる人が増えたこともあり、長期優良住宅が「良い家」なことは間違いないため選ばれる方も多いと思います。

経験上、決められた予算の中で、「性能」・「デザイン」・「広さ(大きさ)」を考えた時に、性能を一番に考える方は、「広さ(大きさ)」を工夫で我慢することが多かったように思います。

予算内で何を重要視するのかは人それぞれなので、自分の理想の家のために「何をどうできるか」はじっくり考える必要があります。

Robecityでは設計事務所の立場から、設計から工事、住宅の性能まで何でも相談を頂いています。

専門的なことや、実際の現状などはネットや本で勉強してもわからないことが多いと思います。

Robecityでも、相談によって1つ1つ違った仕様の家をつくっていますので、お困りのことがあればぜひ一度ご連絡ください。

自分の理想の家づくりのために、「何をどうできるか」一緒に見つけましょう。