岐阜県羽島市竹鼻町にて
町の財産である山車を保存・展示する為の
博物館ギャラリー。

本日は、
財団法人様から羽島市長へと
山車会館の寄贈式典。

テレビ局、ラジオ局、新聞社など
たくさんのメディアが取材に集まり、
活気のある式典となりました。

竹鼻まつりで引かれる伝統的な山車を
現代の子供たちやファミリーが
見に行きたいと思えるような展示空間になるよう
モダンテイストの建築を、デザイン&ブランディング

3階建てのビルに相当する
大迫力の大型庇(ひさし)と
6m程の巨大なステンレスの特注扉に
羽島市の市章である
「羽」を図案化したマークをゴールドでデザインし
このエリアの象徴となる建築に。

そして文化を正しく残して
後世に伝えていけるようにと
羽島市長と話をさせて頂きまして
今期の予算を市で組み、夏頃から
一般公開できるよう準備を進めていってもらいます。

市民の拠り所となれる素敵な場所になるよう
これからも尽力させて頂きます。