皆さんは設計事務所・建築事務所にどんなイメージを持っていますか?

敷居が高い?性能が悪い?奇抜なデザイン?割高になる?

実際に設計事務所としての仕事を基本にしている私たちとしては、残念なイメージを世間が持っているのも事実だと思います。

そこで今回は、実際の設計事務所がどんなものかをご紹介していきたいと思います。

設計事務所は建築の専門家

まず1つ目に、一番大きな特徴として、設計事務所は建築の専門家が営んでいる会社ということです。

設計事務所は、建築士の資格を持った責任者が国に建築士事務所登録をして運営されています。

建築士は国家資格である、一級建築士・二級建築士・木造建築士を取得した人しか名乗ることができません。

その中でも、国に認められた内容の実務を相当年数経験して初めて設計事務所を開ます。

ですので、誰でも設計事務所が開けるわけではありません。

そんな設計事務所ですが、設計事務所の中でも得意分野があり、それぞれに専門的なものを取り扱っています。

アトリエ系設計事務所・組織系設計事務所・構造設計事務所・設備設計事務所・代願設計事務所などが大きく分けてあります。

この中でも、皆さんが街で見かける設計事務所はアトリエ系設計事務所に属していることが多いと思います。

それは、アトリエ系事務所はデザインを専門にしている設計事務所で、住宅や店舗の設計を主な仕事にしている設計事務所が多く、一般向けに、興味を引かれる看板を掲げていてり、メディアやネットに露出が多いからだと思います。

設計事務所の形やコンセプト、信条や得意分野も様々ですし、どういった設計事務所がアトリエ系かというしっかりした基準はないので、一概にまとめることはできませんが、

それぞれにポリシーを持って良いものを作ろうと取り組んでいると思います。

私たちは…

弊社Robecityも大別するとアトリエ系の設計事務所にあたります。

その中でも、家づくりの過程を特に大事にしている設計事務所です。

住む人が納得いくまで話し合い、細部まで話し合い、妥協しない。

オリジナルオーダーメイドのONLY.1な住宅づくりを目指しています。

自分はこだわりが強いけど、できるのかな?と考えている方は、まずはお気軽にお問い合わせください。