間取りPROJECTとして
毎週一件ずつ、住宅の間取り案&外観デザインを
投稿していこうと思います。

第一弾(vol.01)は
都市部の平均的な土地のサイズを考慮して
敷地面積50坪(165.3㎡)の南側道路の土地に対して

Robecity一級建築士事務所は
どのようなプランを提案できるのか?

今日はいよいよ外観デザインを公開です!

南側道路の為
陽当たりを南から確保する目的で
大開口の窓をリビングの1階部分と
2階部分の吹き抜けにそれぞれ広く設けて
太陽の光を燦燦と浴びれるデザイン。

キューブが重なる外観デザインで
窓のサイズとバランスをとって
外壁の素材もコーディネート。

エントランス部分も
タイルと造作扉とガラスの組み合わせで
印象的な玄関に。

間取りプランはこちら。
外観デザインと照らし合わせてみてください。

延床面積はコンパクトながら、
吹き抜けや巨大な窓で、
数字以上の開放感と広がり感のある家になる設計です。

モダンで素材感のある、陽当たり抜群な住宅。

現在、家づくりを始めようと思っている方
マイホームの間取りを考えている方
土地探し中の方なども
100棟以上をデザインしてきた
一級建築士が考える間取りを参考にしてみてください。

Robecity HPには他にも
ブログ内やWORKS内にて
多数の設計事例を掲載していますので
気になる方はそちらもチェック!