家を建てたいなと思った時に心配になるのが、「お金」の話になると思います。

その中でも、一番最初に疑問になるのが、「自己資金」は必要なの?いくら用意すれば良いの?ということだと思います。

ひとくくりに「自己資金」と言っても、お施主さまの資金計画、経済状況によってケースバイケースですので、ここでは一般的な考え方をご紹介したいと思います。

自己資金って必要?

まず、自己資金ってそもそも必要なの?というところ。

結論からいうと、必要です。

それは、住宅の資金を銀行の住宅ローンや金融機構で借りる方が多いですが、それらのプランの多くは、建物及び土地などの、財産となる物に対して付けられるローンだからです。

「住宅ローン」は家の価値を銀行が評価して、その評価分お金を借りれるということです。

銀行側から見ると、もしローン返済が滞っても、土地と建物に価値があるから、差し押さえて転売すれば損はしない(言葉は悪いですが)というのが仕組みです。

つまり、基本的には、住宅ローンは物に対する貸し付けですので、「手続き関係にかかる諸費用には自己資金が必要になってくる」ということです。

自己資金ってどれくらい必要?

では、実際に自己資金はどれくらい必要なのか。

大手の調査会社や住宅情報誌の統計によると「総費用の2~3割」が全国平均になっています。

これは、平均ですので親からの贈与などの良いパターンも含まれますので、実務者として体感的によくあるケースは300万~500万もしくは、150万~300万ぐらいが多いです。

経験的には、

30%あれば、余裕がある、

20%あれば、充分ある、

10%くらいだと、資金計画によっては大丈夫、

5%くらいだと、工夫が必要(サポートが必要)、

という感じです。

具体的に考えると、総予算3000万円の場合、

900万あれば余裕、600万あれば充分、300万だと資金計画次第だな、150万だと工夫が必須だな、と言った感じです。

実際のところ、一般的に900万円を準備するのは結構大変だと思いますし、600万円でもすぐに用意できる方は少ないと思います。

一般的に多いケースで、結婚し子供も生まれ、家も手狭だし、賃貸では勿体ないし、住宅ローンの返済期限も早めに終わらせたいし、と家を考え始める方が多いと思いますが、

そもそも、結婚育児にお金がかかるため、貯蓄にお金をたくさんまわすのは難しい、というのが実情ではないでしょうか。

まとめ

私たち、設計事務所や建築会社は、基本的に建物のお金の話、資金計画がメインになるので、

自己資金の用意の仕方や、銀行との折衝にはあまり首を突っ込めませんが、

相談して頂ければ、もっとこうすれば大丈夫、こんな工夫の方法があるとアドバイスできることがたくさんあります。

そもそもの総予算を抑える工夫、

銀行の選び方、返済プランの工夫、

自己資金が少なめでも理想の暮らしを実現する工夫、

工夫の仕方は本当にたくさんあります。

弊社Robecityでは、お施主様とライフプランを含めて2年、3年とサポートさせて頂いていますので、

「こんな暮らしがしたい」「でもどうしたらいいの?」と言うことがありましたらお気軽にご相談ください。

一緒に1から考えていきましょう。