以前、家づくりを始めて最初にすることは「暮らしのイメージ」をする事だと言う記事を書きました。

家が欲しいと思った時、最初にする事

ある程度「理想の家」のイメージができたら、次に理想と並行して現実も考える必要が出てきます。

現実とは・・・、お金の話です。

今回は、家づくりを「土地も未定、建築会社も未定」のゼロからスタートした場合の「家づくりのお金」の考え方を見ていきましょう。

家づくりのお金の基本

家づくりのお金には、2つのポイントがあります。

1つ目は、家を建てるのにいくらかかるかと言う「費用」についてです。

総費用は家を建てる建築工事費以外にも、設計料、税金、登記費用、住宅ローンの手続き費用、引越し費用など、様々な諸費用がかかります。

2つ目は、費用を支払うための「資金」をどこでどう用意するかです。

これは自己資金と、銀行などから借りる住宅ローンを組み合わせることが多いです。

「資金」 自己資金+住宅ローン

「費用」 本体工事費+別途工事費+設計料+諸費用

この「資金」と「費用」の額をそろえることが家づくりのお金の基本であり、重要なことです。

スタートの資金計画

家づくりの資金と費用の具体的な金額は、家庭の懐事情や、家の希望条件で人それぞれ違ってきますので、全ての可能性を網羅することはできません。

ですから、自分に合った資金計画を立てることが良い家づくりに繋がります。

実際のところ、細かい資金計画は建築会社や銀行さんとの詳細な話し合いの上で、決めていくことになると思いますが、

家づくりを始めた段階では、ざっくりでも「自分的資金計画」を作ることが大切です。

この「自分的資金計画」があるかないかで、建築会社選びの時の見方や探し方に違いができると思いますので、まわり道をしないためにも一度家族で相談してみましょう。

 

始めての資金計画のポイント

資金計画を家族で話し合う時に、家づくりに使える総予算を把握することがポイントになってきます。

「費用」に関しては内容によって変わってくるので、計画が進んでくる段階で少しずつ明確にしていくしかないですが、

「資金」に関しては、ある程度自分たちで設定しておきましょう。

「資金」とはイコール「予算」と考えてもらっても大丈夫です。

まず1つ目に、今ある自己資金(貯金や使って問題のないお金)の確認と親御さんからの援助があるかどうかの確認です。

住宅ローンには金利がかかってくるので、同じ借りるのであれば親御さんに借りた方がいい面があります。

2つ目に、住宅ローンを組んだ場合に、無理の無い範囲の返済額はいくらなのか割り出すことです。

現在はネットのサイトやアプリで住宅ローンのシミュレーションが簡単にできるので、それらのサイトで、月々の返済額がちょうどよくなる金額が、いくら借入できそうかの目安です。

ネットを見ているといろんなサイトでシミュレーションできますが、どこも大差はないので、使いやすそうなサイトで大丈夫だと思います。

ここでの計画はあくまで目安ですので、「固定金利」「変動金利」「フラット35」などの金利の形式は後々勉強してから最終決定をしましょう。

こうして出てきた「自己資金」と「借入額」の合計が、家にかけられる総予算です。

まとめ

今回は、家族内で最初にする資金計画についてざっくり見ていきました。

住宅ローン減税や建物の共有名義、住宅ローン金利のパターンなど知っておくと得をする知識もあるので、それらは追々おさえていきましょう。

「資金計画」の細かい内容やポイントは、書き出すとかなりの項目と文章になりますので後日とさせて頂きますが、まず最初に把握しないといけない事が、家にいくらまで使うかの総予算です。

総予算の目安が持てれば、その後のお家の計画が余裕を持って進めることができます。

お金の話と言うと、ちょっと頭の痛い話かもしれませんが、どこにお金をかけるか、損をしないための工夫はとても大事なことですので、

是非一度、ご家族で話をしてみましょう。

今後も、これまでの家づくりの経験を踏まえて、これから家づくりを考えている方に、

分かりづらいこと、オススメの工夫をまとめていこうと思いますので、是非参考にしてみてください。

Robecityでは設計事務所として、家づくりをトータルでサポートさせて頂いています。

デザインのことから、施工の疑問、資金計画のことまで、理想の家づくりになるために第三者的な立場でアドバイスもしています。

些細な質問でもお答えしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。